【知って安心】不用品回収の料金体系と支払いの流れをご紹介

NO IMAGE

不用品となってしまった大きな家具などは、できれば早く処分したいもの。
しかし、不用品の回収料金はどのくらいかかるのでしょうか。
またどのようなところへ、不用品回収の連絡や相談をすればいいのでしょうか。
ここでは、不用品回収を行ってくれる業者の料金体系と支払いの流れを詳しくご紹介いたします。

目次

不用品回収サービスの料金体系

ryoukin

不用品回収サービスの料金体型について、以下にまとめました。

参考 エムアンドエムグループのサービスと料金ページで詳しく見る

料金体系と相場

加算する料金の体系は
【基本料金】+【各品目の回収料金】+【オプション料金】
という形が一般的です。

民間業者に依頼する場合、リサイクル料金のような基準となる料金はありません。
基本料金の有無や、料金交渉に応じてくれるかどうかは依頼する業者によって異なります。

不用品回収の基本料金の相場は約3,000~5,000円

基本料金の相場は約3,000~5,000円です。

しかし、明確な基準がなく明記していない業者も多くあります。
不用品の数が少なくても多くても、一律で以上の金額が必要なケースが一般的です。

各品目の回収料金は約4,000~10,000円

各品ごとに業者で指定している料金です。
サイズや材質によって料金が異なります。

不用品回収時のオプション料金は約2,000円~

不用品を回収する際、回収する場所、回収する日にちなどでオプション料金がかかる場合があります。
例えば

  • エレベーターがあるマンション
  • 解体作業
  • 吊り下げ作業
  • 土日祝日の作業

などは追加のオプション料金が発生します。

不用品回収のタイプ別料金体系

キャンペーン
以下に不用品回収時の、回収内容をタイプ別に分けて料金を打ち出してみました。

1. 不用品が少ない回収タイプの場合

不用品が少ない回収タイプの場合は、以下のような料金設定を行います。

【基本料金】+【品目別の回収料金】+【オプション料金】
不用品が少ない方にオススメで、1品からでも回収に来てくれます。

市町村行政の回収で
搬出が大変な粗大ごみや
行政で引き取ってくれないものなど、
ちょっとしたものを捨てたい時に便利です。

2. 不用品が多い回収タイプの場合

不用品が多い回収タイプの場合は、以下のような料金設定を行います。

【品目別の回収料金】+【オプション料金】

大掃除、ゴミ屋敷、ファミリーの引っ越しなど不用品が多い場合に便利なプランです。
この料金体系は、品目ごとに加算されていくので数が多くなると高くなります。
そういった場合、値引き交渉を応じてくれるところもありますので値引き交渉を試してみるのも良いでしょう。

3. 積み放題パック料金型プラン(1m3あたり約1万円~)の場合

必要なトラックに対して、不用品回収積み放題のプランです。

トラックの積載量(1t~3tなど)が大きくなるほど料金は高くなりますが、
遺品整理・引っ越しゴミ・ゴミ屋敷の撤去・閉店・オフィス移転などで
色々な不用品が選別されずにごちゃ混ぜにたくさんある回収には、
このような定額型のパック料金がオススメです。

オプション料金は必要時に加算されますが、それ以外に別途料金が掛からない業者が多いです。

引っ越し業者の不用品引取りサービス

mitumori01

引っ越し業者によっては、不用品の引き取りサービスを実施している業者もあります。

引っ越しとセットで引取り料金が無料になる場合も

引っ越しは一番の不用品が出る機会です。
引っ越し会社が提供しているサービスに、不用品処分を一度にできる不用品引取りサービスを行っている業者もあります。

引っ越し作業と同時に行うため、出張費がかからず引取り料金がおトクになることがメリットです。
事業者によっては、引っ越しとセットであれば引取り料金が無料もしくは格安になることもあります。

引っ越しと不用品回収がセットになっているときの注意点

基本的に家具家電はなんでも回収してくれますが、状態などにより買い取り、無料、有料が異なることや、エリアによっては引き取りができない可能性もあります。
買取りを希望する場合は買取りの可不可も事前の見積もりなどで確認しておきましょう。

不用品回収を自治体で依頼する場合

自治体で不用品回収を依頼するメリット

自治体の不用品回収の一番のメリットは料金が安く設定されている点です。
自治体の回収は、回収費用の一部が税金によって賄われているため安く回収してもらえる点と、どこに住んでいても回収してもらえる安心感もあることがメリットでもあります。

自治体に不用品回収を依頼するときの注意点

自治体回収を利用する場合は、
自治体に連絡し、
利用券を購入する点、
指定場所まで粗大ゴミや不用品を運ばなければならない
といった手間が出てきます。

また、家電リサイクル法の対象となっているエアコンやテレビ、冷蔵・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは回収してもらえないという事もあります。
自治体利用する場合、よく回収内容を確認してから回収を頼むと良いでしょう。

自治体で回収不可能な不用品一覧

各品目ごとの回収料金の相場

不用品の品目ごとの業者選びの際の目安になる値段をご紹介します。

リサイクル対象品

  • ブラウン管TV 約2,000~5,000円
  • 液晶TV 約2,500~4,000円
  • 冷蔵庫 約3,000~5,000円
  • 洗濯機 約3,000~6,000円
  • エアコン 約2,000~4,000円

家電・OA機器

  • 電子レンジ 約500~1,500円
  • 掃除機 約500~2,500円
  • 扇風機 約500~2,500円
  • ビデオデッキ 約500~1,000円
  • パソコン本体 約1,000~3,000円

家具・家庭用品

  • こたつ 約1,000円~3,000円
  • タンス 約2,000~5,000円
  • ベッド 約3,000~5,000円
  • ソファー(2人以上) 約2,000~5,000円
  • テーブル 約2,000~3,000円

スポーツ用品等

  • バイク 約5,000円
  • タイヤ(1本) 約1,000~2,000円
  • ゴルフセット 約1,000~2,000円
  • 健康器具 約1,000~7,000円

その他・ゴミ

  • 畳 約2,000~3,000円
  • ゴミ袋45~70L 約1,500円
  • 石・レンガ 約200円/1kg

家具ごとの回収費用

ソファー

処分相場例)
テーブル:2,000~3,000円/椅子500~1000円

椅子・テーブルは、多くの自治体で粗大ゴミとして扱われます。
自分で解体でき、素材ごとに分ける場合は可燃ゴミや不燃ゴミとして出すことも可能です。
ゴミの区分や回収ルールは自治体ごとに異なるため、出す前に確認しておいてください。

なお、事業活動から出た「事業系ゴミ」は自治体に処分してもらえません。
産業廃棄物収集運搬許可を得た専門業者に依頼しましょう。

また、家具や家庭用品の処分費用の相場については以下のとおりです。

家具(小型)の処分費用

  • イス:約500~1,000円
  • 座椅子:約1,000円
  • コタツ:約1,000円~3,000円
  • 衣装ケース:約500~1,000円
  • カラーBOX:約500~1,000円

家具(中型)の処分費用

  • チェスト:約2,500円
  • ソファー(1人):約1,000~3,000円
  • テレビ台:約1,000~3,000円

家具(大型)の処分費用

  • タンス:約2,000~5,000円
  • ベッド:約3,000~5,000円
  • 本棚:約3,000~5,000円
  • ソファー(2人~):約2,000~5,000円
  • 布団:約1,000円
  • テーブル:約2,000~3,000円

家庭用品の処分費用

  • ガスコンロ:約1,200円
  • 石油ストーブ:約1,000~1,500円
  • カーペット:約2,000~3,000円
  • 自転車:約1,000円

※上記はあくまでも業界相場となります。
弊社依頼の場合、ヒアリングを経て価格をご提示させていただきますので、お問い合わせの際に必ずご相談ください。

家具以外の生活用品回収の費用

ピアノ

ピアノは大きく分けて「グランドピアノ」「アップライトピアノ」「電子ピアノ」があります。
しかし、粗大ゴミとして処分できる自治体は少なく、電子ピアノは回収できてもグランドピアノやアップライトピアノは回収できないという自治体もあります。
一方で、不用品回収業者であれば、ピアノ以外にも不用品をまとめて回収に出すことができます。

注意点として、料金に関しては電子ピアノでも自治体の粗大ごみとして出した場合は2,000円程度であるのに対して、不用品回収業者を利用すると10,000円程度かかると考えると割高ではあります。
近年では、グランドピアノやアップライトピアノを無料で回収してもらうことができる会社もあります。
引き取ったピアノは修復し、高価で購入が難しい30カ国へリサイクルピアノとして届けられるので安心して処分することができます。
その他では、親しい親戚、友人に譲るなど考えてみると良いでしょう。

  • グランドピアノ(処分相場:約40,000~50,000円程度)
  • アップライトピアノ(処分相場:約20,000~30,000円程度)
  • 電子ピアノ(処分相場:約10,000円程度)

家電製品(掃除機 ・オーディオ・ 洗濯機・コタツなど)

家電製品の処分相場は、約500円~5,000円ほどです。

一番安く済むのは、買ったお店に不要な電化製品を処分してもらうことです。
電化製品の種類にもよりますが、処分料金として数千円の費用がかかることがあります。

また、新しく買い替える場合は、
処分料金を追加されずに引き取ってもらえたり、
不用品回収業者の処分
といった対応も可能です。
一つ一つに単品で金額を提示している事業者もいるため、評判や料金表が明確な事業者を探して処分を依頼すると良いでしょう。

インターネットで複数の事業者に無料で一括見積もりを取ることもできます。
一括の見積もりなので、業者も大きく値上げした価格を提示することなく、平均的な値段が提示されその中で安い業者を見つけることができるという利点があります。

※上記はあくまでも業界相場となります。
弊社依頼の場合、ヒアリングを経て価格をご提示させていただきますので、お問い合わせの際に必ずご相談ください。

 

不用品でも美品ならリサイクル業者に依頼する手も

リサイクル商品

不用品の回収、買い取りサービスを行う業者はさまざまあります。
不用品回収業者が会社内で同時にリサイクルショップも取り扱っていたり、引っ越し業者もサービス提供している場合があるので、うまく利用してみてはいかがでしょうか。

 

リサイクルショップの買い取り

リサイクルショップは何でも売却できますが、金額に関しては相場通りになるとは限りません
しかし、大きい家具から雑貨や衣類といった小物でも買取が可能で、引越しや大掃除の際に出る不要な小物もほとんどまとめて買い取ってくれます。
店舗持ち込みの買取になることも多いですが、出張買取を行っている店舗もあります。

 

不用品回収業者の買い取り

不用品回収業者に買い取りを依頼する場合、リサイクル可能商品の査定額は専門店に比べて高いとはいえません。
しかし、値段がつかないものも一緒に回収してくれるので、二度手間にならず、その場で不用品をすべて処分することができます
また、どの不用品回収業者も回収費用がかかりますが、そこから買取金額を引いてくれるので少しでも処分費用を安くすることができます。

「古物商許可」を持つ業者に買い取りしてもらう

リサイクル買取業者にも行政の許可が必要です。
必ず「古物商許可」を得た業者を選ぶようにしましょう。
これらの許可番号が、インターネット上などにきちんと記載されているか確認したほうが良いでしょう。

また、利用者の口コミや電話対応なども業者選びの大事な材料となります。
業者によって買い取り金額や回収費用に大きく差が出るため、できるだけ複数の業者を比較するようにしてください。

不用品回収・リサイクルキャンペーン

不用品回収のキャンペーン
住み慣れたアパートやマンション、実家からお引越しなど大量にゴミが出ると予想される時期折々に、不用品回収・リサイクルでも割引キャンペーンを実施しています。
「春の不用品回収キャンペーン」や特に引越しに合わせて、不用品回収も普段より減額して行なってもらえるんですね。
不用品回収を業者に頼む場合には、費用も必要となってきますが、キャンペーン情報をうまく活用することで不用品回収の費用も抑えることができます
キャンペーンの情報などは、その業者のホームページにも記載されている場合が多いのでよく情報をチェックしておくと良いでしょう。

 

不用品回収ならM&Mグループにお任せください。

M&Mは創業以来『お客様に誠心誠意応え続ける』をモットーにしております。
往復10分程度の送迎のお仕事でもお断りすることなく、できる限りお客様にお時間を合わせ、喜んでお受けいたします。
群馬県内の引っ越しはもちろん、引越しに付随する不用品の回収や遺品整理なども得意としていますので、引越しの際はよりきめ細かいサービスに対応しています。

「できることよりできないことを聞いて欲しい」

例えば、「こんなことできるの・・・?」と思うようなことがあったら、お気軽に相談してください。
「まさかこんなことできないでしょ?」と思うことが意外にできてしまいます。
「ちょっとした用事だけど、誰かに頼みたい・・・」
そんなときは私たち「便利屋・何でも屋M&Mグループ」にお申し付けください!

0120-973-665 0120-973-665

お問い合わせ

必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご希望のサービス
任意郵便番号
任意ご住所
必須お問い合わせ内容