家具を不用品回収で処分する方法や注意点・料金内訳について

家具を不用品回収で処分する方法や注意点・料金内訳について

家具やオフィス用品を処分する方法は主に

  1. 市町村に処分を依頼する
  2. リサイクルショップなどに持ち込む
  3. 不用品回収業者に回収してもらう

といった方法があります。

しかし、ベッドのマットレスやソファーなど中にスプリングがある場合は、燃えないゴミとして処理しないといけません

そのまま捨てると産業廃棄物扱いになってしまうため、引き取ってもらえないことにもつながります。

そんな時こそ、家具の捨て方にも精通している不用品回収業者に処分を依頼してみてはいかがでしょうか。

ここでは、家具の捨て方や家具ごとの捨て方や料金について詳しくご紹介します。

家具を処分するなら不用品回収業者がオススメ

mitumori01
家具を処分する際に、不用品回収業者に回収してもらうととても楽チンです。

というのも、壊れていたり、傷がついているなどでリサイクルなどに回しにくいものでも、回収し処分を行ってくれるから。

また特に可燃ごみや不燃ごみといった分別を行う必要もなく、単純に回収して処分まで代行してもらえます

不用品回収を自治体でやるのはオススメしない

粗大ゴミとして出す場合は、比較的安い料金で自治体に回収してもらえますが、申し込みから実際の回収日まで日数が開いてしまうことがあります

また、運んで欲しい時にすぐ運んでもらえない、何よりご自分で運び分別する必要がある事が一番のデメリットとなります。

不用品回収業者は、ゴミの種類を問わず回収してくれる点も大変便利です。

燃えるゴミ、燃えないゴミ、プラスチック、金属類、粗大ごみなど種類を問わず、まとめて回収依頼をすることが可能です。

回収されたゴミは業者側で分別してくれますから、曜日ごとにいちいち分けて出す手間が省けます。

また「洗濯機」「冷蔵庫」「テレビ」「エアコン」はリサイクル家電のため通常の粗大ごみとして捨てることができませんが、これらもすべて回収し必要な手続きはすべて回収業者で行ってくれます。

回収業者を選ぶときの注意点

注意点
ただし、家具の処分を回収業者に依頼するときに注意するべきことがあります。

一般廃棄物収集運搬業許可

不用品回収をするには、一般廃棄物収集運搬業許可を受けている必要があります

実際にはすべての業者が一般廃棄物収集運搬業許可を受けているわけではなく、なかには許可を受けていない業者も存在します

こうした業者に依頼してしまうと、引き取ってもらったあとの家具が不法投棄されたり個人情報が流出したりするなど、トラブルの原因になるリスクがあるので注意が必要です。

他社と比較して安すぎる値段には注意

業者を選ぶ際は、一般廃棄物収集運搬業許可の許可番号がウェブサイトに明記されているかどうかを注意して見てみましょう。

また、

  • 料金が分かりやすく表示されていること
  • 他社と比較して安すぎる値段を提示していないか

なども考慮して、業者を選ぶことをオススメします

家具ごとの回収費用

処分相場例)
テーブル:2,000~3,000円/椅子500~1000円

椅子・テーブルは、多くの自治体で粗大ゴミとして扱われます

自分で解体でき、素材ごとに分ける場合は可燃ゴミや不燃ゴミとして出すことも可能です。

ゴミの区分や回収ルールは自治体ごとに異なるため、出す前に確認しておいてください。

なお、事業活動から出た「事業系ゴミ」は自治体に処分してもらえません。

産業廃棄物収集運搬許可を得た専門業者に依頼しましょう。

また、家具や家庭用品の処分費用の相場については以下のとおりです。

家具(小型)の処分費用

  1. イス:約500~1,000円
  2. 座椅子:約1,000円
  3. コタツ:約1,000円~3,000円
  4. 衣装ケース:約500~1,000円
  5. カラーBOX:約500~1,000円

家具(中型)の処分費用

  1. チェスト:約2,500円
  2. ソファー(1人):約1,000~3,000円
  3. テレビ台:約1,000~3,000円

家具(大型)の処分費用

  1. タンス:約2,000~5,000円
  2. ベッド:約3,000~5,000円
  3. 本棚:約3,000~5,000円
  4. ソファー(2人~):約2,000~5,000円
  5. 布団:約1,000円
  6. テーブル:約2,000~3,000円

家庭用品の処分費用

  1. ガスコンロ:約1,200円
  2. 石油ストーブ:約1,000~1,500円
  3. カーペット:約2,000~3,000円
  4. 自転車:約1,000円
※上記はあくまでも業界相場となります。

弊社依頼の場合、ヒアリングを経て価格をご提示させていただきますので、お問い合わせの際に必ずご相談ください。

家具以外の生活用品回収の費用

ピアノ

ピアノは大きく分けて「グランドピアノ」「アップライトピアノ」「電子ピアノ」があります。

しかし、粗大ゴミとして処分できる自治体は少なく、電子ピアノは回収できてもグランドピアノやアップライトピアノは回収できないという自治体もあります。

一方で、不用品回収業者であれば、ピアノ以外にも不用品をまとめて回収に出すことができます

注意点として、料金に関しては電子ピアノでも自治体の粗大ごみとして出した場合は2,000円程度であるのに対して、不用品回収業者を利用すると10,000円程度かかると考えると割高ではあります。

近年では、グランドピアノやアップライトピアノを無料で回収してもらうことができる会社もあります。

引き取ったピアノは修復し、高価で購入が難しい30カ国へリサイクルピアノとして届けられるので安心して処分することができます

その他では、親しい親戚、友人に譲るなど考えてみると良いでしょう。

  • グランドピアノ(処分相場:約40,000~50,000円程度)
  • アップライトピアノ(処分相場:約20,000~30,000円程度)
  • 電子ピアノ(処分相場:約10,000円程度)

家電製品(掃除機 ・オーディオ・ 洗濯機・コタツなど)

家電製品の処分相場は、約500円~5,000円ほどです。

一番安く済むのは、買ったお店に不要な電化製品を処分してもらうことです。

電化製品の種類にもよりますが、処分料金として数千円の費用がかかることがあります。

また、新しく買い替える場合は、

  • 処分料金を追加されずに引き取ってもらえたり、
  • 不用品回収業者の処分

といった対応も可能です。

一つ一つに単品で金額を提示している事業者もいるため、評判や料金表が明確な事業者を探して処分を依頼すると良いでしょう。

インターネットで複数の事業者に無料で一括見積もりを取ることもできます。

一括の見積もりなので、業者も大きく値上げした価格を提示することなく、平均的な値段が提示されその中で安い業者を見つけることができるという利点があります。

※上記はあくまでも業界相場となります。

弊社依頼の場合、ヒアリングを経て価格をご提示させていただきますので、お問い合わせの際に必ずご相談ください。

不用品回収ならM&Mグループにお任せください。


M&Mは創業以来『お客様に誠心誠意応え続ける』をモットーにしております。

往復10分程度の送迎のお仕事でもお断りすることなく、できる限りお客様にお時間を合わせ、喜んでお受けいたします。

群馬県内の引っ越しはもちろん、引越しに付随する不用品の回収や遺品整理なども得意としていますので、引越しの際はよりきめ細かいサービスに対応しています。

「できることよりできないことを聞いて欲しい」

例えば、「こんなことできるの・・・?」と思うようなことがあったら、お気軽に相談してください。

「まさかこんなことできないでしょ?」と思うことが意外にできてしまいます。

「ちょっとした用事だけど、誰かに頼みたい・・・」

そんなときは私たち「便利屋・何でも屋M&Mグループ」にお申し付けください!

0120-973-665 0120-973-665

お問い合わせ

必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご希望のサービス
任意郵便番号
任意ご住所
必須お問い合わせ内容